行田市 ボルボ左側面鈑金修理 ダイエー自動車販売

サブページメイン画像

ボルボ左側面鈑金修理

 ボルボ左側面実費修理でのご入庫です。

左側面鈑金修理のご依頼をいただきました。輸入車は部品が高額の為、交換してしまうと修理費用が上がってしまうので今回は実費修理ということで鈑金修理で対応していきます。もちろんリサイクル部品は探しましたが見つかりませんでした。フェンダー、フロントドアはかなり歪みが大きいですがあの手この手で叩いていきたいと思います。

 鈑金作業、叩き出し。絞り。

大まかな成形が終わり簡易的にマスキングした写真です。輸入車専用のプライマーを吹くためにマスキングしました。輸入車の鋼板には亜鉛成分が多く含まれている為パテを盛る前に専用のプライマーを吹かないと後々剥離などのトラブルが起きてしまうので重要な工程です。一枚目の後ろ側クオーターパネルが白くなっているのが前日に吹いたプライマーです。
今回はフェンダーパネルは一度取り外して大まかに成形してから車体に戻してフロントドアとのチリを合わせながら鈑金していきました。前後ドアは内側を分解してほぼ当て板やバール、ハンマーで叩き慣らしていきました。クオーターパネルはスタッド溶接機を使って外側から成形しました。叩き出しが終わったら伸びてしまった鉄板を熱を使って絞り作業をしてメタルワークは終了です。次工程からパテを付けて研磨作業に移っていきます。

 パテ付け、サンディング

一番最初に強化亜鉛専用パテを使いしっかり食いつかせてから鈑金パテ、巣穴埋めのポリパテを使って表面の凹凸を慣らしていきました。今回は流石に広範囲に渡ってパテが入ってしまいましたが丁寧に研ぎ慣らし元の形を再現していきます。3.4回盛って研いでを繰り返し鈑金工程は終了です。

 サフェーサー塗布、塗装作業。

サフェーサーを入れしっかり乾燥させ更に研磨して下地を作ったらマスキングをして塗装していきます。綺麗に塗りあがってますね。
完成までもう少しです。

 組付け、仕上げ、完成写真。

組付けが終わったら磨きをして洗車後完成です。どうでしょうか。綺麗に仕上がってますね。部品を交換しなかった分費用も抑えられお客様にも大変満足していただくことが出来ました。当社は国産車、輸入車問わず幅広く修理対応していますのでお困りのお客様は是非一度当社にご相談ください。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  ローン通過率は地域トップクラス
自社ローンのお問い合わせは、お近くの店舗へお気軽にどうぞ。

行田店:048-553-3004
(営業時間:9:00〜19:00/定休日なし)

高崎店:050-5530-3004
(営業時間:10:00〜19:00/月曜定休)

お問合せフォームはこちら

鈑金塗装の他のページ

お電話
採用情報
お問い合わせ