行田市 ホンダフィット左側面実費修理 ダイエー自動車販売

サブページメイン画像

ホンダフィット左側面実費修理

 入庫時の状態です。

ホンダフィット左リアドア左クオーター実費修理のご依頼です。ドアの方は写真では分かりづらいですが3か所ほど歪んでしまっています。
広範囲になってしまうので中古部品を探したのですが見つからず。新品交換してしまうと費用が上がってしまうので修理することにしました。
クオーターの方は写真でも分かる通りリアバンパーとの並ぶ部分からロッカーパネルの下側まで広範囲に渡って損傷してしまっています。こちらも交換してしまうと費用の方が大幅に上がってしまうので鈑金修理で対応していきます。

 鈑金工程、叩き出し。

クオーターパネル、ロッカーパネル共に裏側からアクセスすることが出来ないので外側から引き出す為塗膜を剥いていきます。スタッド溶接機を使って低い所を引き出しながら変形して高くなってしまっている所をハンマーで叩き慣らしていきます。出さなすぎると歪が抜けず出しすぎてしまうと鉄板が伸びてしまい絞り作業をしなくてはいけなくなり大幅に作業時間が延びてしまうので絶妙な力加減で引き出しハンマリングを繰り返し元の形に復元していきます。一番右の写真が叩き出しが終わった写真です。大まかな形が復元出来たら表面の小さな凹凸を埋める為次工程からサンディング作業に入っていきます。

 パテ付け、サンディング作業。

表面の凹凸を埋める為パテを盛って研磨していきます。ドアの方は形が複雑な為パテ研ぎはそこそこにサフェーサーで仕上げていきました。クオーターパネルはプレスラインがはっきりしている為パテを何度か盛って研磨を繰り返し成形しました。流石に広範囲になってしまいましたが、何とか滞りなく作業終了することができました。次工程から塗装作業に入っていきます。

 サフェーサー塗装、内側塗装、下地処理。

サフェーサーを入れしっかり乾燥させたら、先にクオーターパネルの内側を塗装します。内側の塗装を終えたら外側塗装に入るための下地処理をしていきます。車種にもよりますが多くの車のロッカーパネルの下側には防水、防錆の為のチッピングが吹き付けられています。鈑金作業をするためにチッピングを落としてしまったので入れ直します。こうした処理が終わったら外側の塗装に入っていきます。

 塗装作業、組付け、完成。

下地処理が終わればマスキングをして塗装していきます。綺麗に塗り上がってますね。しっかり乾燥させたら磨きをして組み上げたら完成です。大きく変形してしまっていたクオーターパネルも復元されていますね。ドアとのチリもバッチリです。このように当社では交換レベルの損傷でも修理対応できるケースが多々ありますのでお悩みの方がいましたら是非一度ご相談下さい。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  埼玉県行田市 鈑金塗装(キズ・ヘコミ修理)のお見積りは無料!

埼玉県行田市で鈑金塗装(キズ・ヘコミ修理)の事ならダイエー自動車販売にお任せ下さい!設備力・技術力ともに行田市でトップクラスです。修理実績が豊富なベテランの職人が在籍しているので仕上りはピカイチです。

TEL:048-553-3004

>>WEBからのお見積りはこちら

鈑金塗装の他のページ