行田市 ダイハツムーブフロント部修理 ダイエー自動車販売

サブページメイン画像

ダイハツムーブフロント部修理

 ダイハツムーブフロント部損傷でのご入庫です。

入庫時の状態です。写真では分かりにくいですが大きく右側に振ってしまっています。左斜めの方向からかなり強い衝撃を受けたようですね。一般的にはここまで損傷してしまうと乗り換えるケースが多いですがお客様が思い入れがある車両の為修理希望ということで、直していきたいと思います。

 分解、損傷確認作業。

分解して損傷確認していきます。車体の骨格であるフレームが大きく右側に振っていて更に前側からの衝撃のため、潰れてシワになってしまっています。今回は保険修理ということでフレーム交換で対応していきます。フレームを交換するためにエンジン、ダッシュパネルを取り外しました。分解作業が全て完了したので鈑金作業の方に移っていきたいと思います。

 鈑金作業。

フレームを交換するからといってそのまま付け替えればいいというわけではありません。フレームが曲がってしまっているということは付け根、フレームが取りついている部分にも歪みがきてしまっているので車体固定にセットして修正機で元の寸法に戻していきます。外側からアクセスできない部分は最小限に切開して叩き慣らし復元していきます。寸法が合ったら骨格の分解作業に移行していきます。

 骨格分解作業。左フレーム付け根切開鈑金。

左右フレーム、左フードリッチ、交換する骨格を全て分解した写真です。原型がなくなってしまいましたね。ここから復元されていく工程をお楽しみに。前述したフレームを切開した所を叩き慣らした後溶接して塞いだ写真です。この後削って表面を慣らしてピンホールを埋めて防錆、防水処理をして付け根の修理は完了です。ちなみに真ん中に貼ってある紙は寸法図です。次工程は骨格を取り付けていきます。

 骨格取り付け作業。

寸法図を参考に高さ、距離、対角を合わせて取り付けていきます。付け根がしっかり直っていればさほど難しい作業ではありません。その代わり足廻りが取り付く部分なので正確な位置に取り付けなければホイールベースなどアライメントが狂ってしまうので慎重に作業を進めていきます。

 外装部品仮合わせ作業。

骨格を寸法図通り取り付けたら外装の仮合わせをします。左右のチリ、クリアランス共にバッチリ合いました。段々車になってきましたね。鈑金工程はここまでで終了です。次工程から塗装作業に入っていきます。

 骨格、外装塗装。

各部シーリング作業を終えたらまずは骨格を塗装していきます。骨格の塗装を終えたら外装部品を取り付け、通しで外装を塗装していきます。
綺麗に塗り上がっていますね。あとは磨いて組み上げれば完成です。

 完成写真。

部品を組付けて完成。と言いたいところですが最近の車のフロントガラスにはカメラが取り付けられています。また骨格にはレーダーセンサーが取り付けられているので組み上がったらカメラ、センサー共にエーミング(調整)作業をしなければいけません。当社ではエーミングも自社内でやっています。エーミング終了後、足廻りも交換、脱着しているので四輪アライメント調整もしてしっかりまっすぐ走る車になったら完成です。
今回はかなり大がかりな作業でしたが大破している車もきちんとした設備や確かな技術で修復、調整してあげれば問題なく長く乗って頂ける車に復元することが出来ます。当社は大、中、小に関わらず全ての修理を外注に出さず自社で行っています。お車の事でお悩み事のある方は是非一度当社にご相談ください。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  埼玉県行田市 鈑金塗装(キズ・ヘコミ修理)のお見積りは無料!

埼玉県行田市で鈑金塗装(キズ・ヘコミ修理)の事ならダイエー自動車販売にお任せ下さい!設備力・技術力ともに行田市でトップクラスです。修理実績が豊富なベテランの職人が在籍しているので仕上りはピカイチです。

TEL:048-553-3004

>>WEBからのお見積りはこちら

鈑金塗装の他のページ